京都なり田がお漬物情報をお届けする京つけもの四季折々ブログ
四季折々ブログ » ブログ » 五山送り火

IMG_1855.jpg

超大型台風10号が西日本を縦断し、被害に遭われた方々には、

心よりお見舞い申し上げます。

おかげさまで、京都は無事だったようです。

今日、8月16日は五山の送り火です。

この五山の送り火にご奉仕されている方々のご苦労を思うと、

台風が去ってくれたことに胸をなでおろしました。

 夜空に火で文字を描くという素晴らしい着想と、壮大なこの行事が、

誰によっていつはじめられたかについては、諸説ありながら、不思議と確実な事は

わかっていないそうです。

送り火そのものはお盆の翌日におこなわれる仏教的行事で、

冥府にかえるご先祖様を送るという意味をもつものですが、

これが一般に行われるようになったのは、仏教が庶民の間に浸透した中世、室町以後

の事であろうと言われていうそうです。

通説によれば、お盆の翌日の夜、松明の火を空に投げ上げて、虚空を行く霊を見送る

という風習があったと伝えられ、五山の送り火は、これが山に点火されて空中に固定

されたものであるといわれているそうです。(京都五山送り火協賛会の案内参照)



 今夜8時上賀茂橋から大文字と船形をみて静かにご先祖様を見送りたいと思います。