「なり田」の歴史。文化元年(1804年)創業 京都のお漬物・佃煮の「御すぐき處京都なり田」。京都・上賀茂名産の伝統京漬物「すぐき漬け」を作り続けています。お問い合わせ

ホーム「なり田」について「すぐき」について会社概要店舗案内オンラインショップ

京漬物屋「御すぐき處京都なり田」のお話

京都の老舗 漬物店「なり田」の歴史

御すぐき處京都なり田

「なり田」の創業は1804年(文化元年)です。時は江戸時代、第11代将軍徳川家斉の頃です。この年に「すぐきはたとえ一本といえども他村へ持ち出すことを禁ず」と朱書きされた御触書「就御書口上書」が出されています。これにより、すぐき菜が門外不出の固有種として京都・上賀茂で守られるようになりました。
御触書と時を同じくして「なり田」は「すぐき漬け」を売る京漬物屋として創業しました。しかしながら、実際につくり始めたのは創業からさらに遡り、今から300年ほど前からのこと。「なり田」はその頃からずっと変わらず、「すぐき漬け」をつくり続けてきました。
なお、「なり田」の正式名は「御すぐき處京都なり田(おんすぐきどころきょうとなりた)」です。先代社長が「昔ながらの正統な製法で【すぐき漬け】をつくりあげていることを明確にしたい」との気持ちから名づけたものです。

京漬物「すぐき漬け」に対するこだわり

前述の通り、京都の老舗 漬物店「なり田」では約300年前から「すぐき漬け」を作っております。「すぐき」の漬け込みには、「塩加減」・「重し加減」・「室(むろ)加減」の3つのポイントがあり、これらの加減は途中で修正ができません。さらに、「すぐき」を漬け込む樽の個体差や、同じ樽の中でも漬け込む位置によっても味が変わりますので、美味しい「すぐき漬け」を安定してつくるためには職人の経験やカンが頼りになります。「なり田」では、これらの漬け込み作業はもちろんのこと、「すぐき漬け」を仕込む全過程を熟練した職人による手作業で行っております。

すぐき漬けの製法についてはこちら

 

京都の老舗 漬物店「なり田」の「鈴」について

京都の老舗 漬物店「なり田」の暖簾や包装紙などに使われている「鈴」のマーク。
この横にある「富」の一文字は、木版画家で人間国宝でもあった故・徳力富吉郎氏(1902〜2000)の頭文字で、鈴のイラストも氏によるものです。自画・自刻・自刷りを行う現代版画の第一人者だった氏の作品は、今も日本各地で愛されています。
なお、この鈴には

1.お客様が「すずなり」となってお店に来ていただけるように
2.「なり田」の「なり」と鈴の「鳴り」をかけて

という意味が込められています。


「なり田」本店周辺の環境

京都の老舗 漬物店「なり田」本店の周辺は社家(しゃけ:神社に仕える氏族やその家)の町となっており、通り沿いを流れる明神川ともあいまって、とても風情のある町並となっています。また、本店のすぐ西には、日本を代表する神社の一つである上賀茂神社があります。上賀茂神社は世界文化遺産に登録され、京都三大祭のひとつである「葵祭り」が全国的にも有名です。明るく広々とした芝生の広場と、静かで落ち着いた雰囲気の神社の森とが織りなす風景のコントラストが印象的な、とても美しい神社です。お近くにお立ち寄りの折には、ぜひ参拝されてはいかがでしょうか。

≪ ごあいさつ   ページTOPへ   おいしい漬物「すぐき」について ≫