「なり田」について。文化元年(1804年)創業 京都のお漬物・佃煮の「御すぐき處京都なり田」。京都・上賀茂名産の伝統京漬物「すぐき漬け」を作り続けています。

お問い合わせ

「なり田」について

おすすめ商品や新着情報のご紹介

2014年8月アーカイブ

処暑

| コメント(0) | トラックバック(0)


立秋から15日後にあたる「処暑」

暑さが少し和らぎ、朝夕には涼しさが感じられるようになりました。

いよいよ、すぐきの種まきの時期です。

昨年は不作だったので、今年は豊作を祈ります。

resize_20140829135951.jpg


愛宕古道街道灯し

| コメント(0) | トラックバック(0)


あたごふるみちかいどうとぼし
と読みます。

resize_20140826152843.jpg

今年19回目を迎えるお祭り。

resize_20140826124538.jpg

嵯峨野にあります、化野念仏寺千灯供養への来訪者を迎え入れるため

地域の地蔵盆を盛り上げるために、茅葺き民家や虫籠窓、石畳など

古い町並みが残る街道沿いに、手作りの灯籠の灯りを点したのが

始まりだそうです。

resize_20140826152743.jpg

resize_20140826124418.jpg

この灯りは年々大きくなり、今では大少800基ほど灯るお祭りに

なっているそうです。(大きなものは高さ10m近くにあります。)

resize_20140826151457.jpg

resize_20140826124737.jpg

嵯峨野地区の大勢の方々の祈りや想いを感じながら、

奥嵯峨の幻想的な雰囲気は是非一度訪れて頂きたいです。

resize_20140826151605.jpg

毎年8月23、24、25日に灯ります。



地蔵盆

| コメント(0) | トラックバック(0)



長かった夏休みも終わりに近づいた

8月23日24日頃

京都の各町内会では「地蔵盆」が行われます。

子供達のすこやかな成長と町内の安全を願い、お地蔵様をお祀りします

resize_20140824151201.jpg

地蔵盆が始まると普段は気にもとめず通りすぎてしまっている

お地蔵様に日頃の行いを反省し、謝り、感謝の気持ちを伝えます。

resize_20140824151332.jpg

resize_20140824151029.jpg

子供達が主役の地蔵盆、朝から夕方までお地蔵様の前で、町内会の人

達が用意されたヨーヨー釣り、ゲーム、マジックショーや地元の高校生の

ブラスバンド演奏などで、子供から大人まで一日楽しみます。

そして、子供達はお地蔵様にも手を合わせます。

少子化や高齢化の影響で地蔵盆が行えない所もあるとかで、

淋しいかぎりです。

この身近で私達を守って下さっているお地蔵様の存在を何とか次の世代

にも引き継いでいきたいですね。




秋みょうが

| コメント(0) | トラックバック(0)


朝晩に少しだけ涼しさを感じはじめると

秋みょうがの季節です。

夏のイメージが強いみょうがですが、実は、みょうがは、晩夏から晩秋

が旬で、大きくてふっくらしています。

resize_20140819115254.jpg

奈良県吉野で育った秋みょうがをあっさりとした酢漬けにしました。

みょうが独特の爽やかな香りや辛みが食欲増進に役立ちます。

又、独特な香りは、α-ピネンという精油成分によるもので、

発汗、呼吸、血液の循環などの機能を促す作用、

ホルモンバランスを整える効果があるそうです。

resize_20140819115401.jpg

そのままはもちろん、

あっさりしてますので、色々なお料理にもお使い頂けると思います。

resize_20140819115158.jpg

120g  486円(税込) >>秋みょうがをオンラインショップで見る

送り火

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月16日 京都は大雨に見舞われました。

洪水被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げます。

上賀茂のお店の庭にも水が溢れて、一時大騒ぎでした。


でも、夜八時、無事に大文字に灯りが付きました。

上賀茂橋にも沢山の人が見に来られて、暗闇に浮かぶ炎に

過ぎ行く夏を惜しんでおられた様に思います。

DSC02757.JPG

DSC02777.JPG



加茂茄子粕漬

| コメント(0) | トラックバック(0)


蒸し暑い日が続いております。

お盆休み、皆様如何お過ごしですか?


今年の分の<加茂茄子の粕漬>が出来上がりました。


resize_20140815102604.jpg

上賀茂特産の京野菜、賀茂ナスを塩漬けし、昔から引き継がれておりま

す、なり田特製の酒粕、味醂粕に漬け込み、毎年大切に一個一個漬け

替え、五~六年かけて、濃い飴色になるまで熟成させて

出来上がります。

resize_20140815100431.jpg


こっくりとした深い味わいをお楽しみ下さいませ。


お盆で皆が集まる時など、こんな使い方は如何でしょう?


お酒がすすみます。

resize_20140815113442.jpg



明日は、大文字五山の送り火です。

お盆にお迎えした、お精霊さまを再び浄土にお送りします。

夜の八時から約一時間、京都の町は幻想的な雰囲気になります。

本店からすぐそばの、賀茂川に架かる御園橋、上賀茂橋からは

大文字と船形がよく見えます。


加茂茄子粕漬け

1p 1404円(税込)












しょうがのお漬物

| コメント(0) | トラックバック(0)

なり田の一口しょうが。


resize_20140812110257.jpg





通年ご用意させて頂いておりますが、この時期は新生姜で漬けて


おります。


しょうがの美味しさがぎゅーと詰まった一品で御座います。


生姜好きの私の大のお気に入りです



是非一度ご賞味下さいませ。

resize_20140812114539.jpg

>>「一口しょうが 」をオンラインショップで見る

紫葉漬 大原仕込

| コメント(0) | トラックバック(0)

残暑お見舞い

     申し上げます。

shisobatake2.jpg

shisobatake.jpg



お待たせいたしました。

昨年、ご好評を頂いた<紫葉漬 大原仕込み>

shiba.jpg

shiba2.jpg


京都 大原の赤紫蘇と朝採りの長茄子を粗塩だけで漬け込み、


綺麗な紫色になり、酸味がのってくるまで、充分に発酵させました。

大原の赤紫蘇でないと、この色も香りもでないと言われています。


お好みで、刻んでお醤油を少し落として頂くとよろしいかと。

shiba3.jpg

shiba4.jpg

     

紫葉漬 大原仕込

120g 594円(税込) 

葉月

| コメント(0) | トラックバック(0)

連日厳しい暑さが続いておりますが、

皆様お健やかにてお過ごしでございますでしょうか? 

お盆を間近にひかえて、四国地方では記録的な大雨でお困りの方々には

お見舞い申し上げます。

京都では八月七日~十日頃、お精霊迎えが行われます。

ご先祖様をお迎えし、八月十六日の送り火にてお送りするまで、ご先祖様は、お家に帰って来られてます。

お盆は、普段中々会えない、親、兄弟、親戚の皆とも顔を

合わせるよい機会ですね。

kiseiset.jpg


帰省のお土産にいかがですか?

<本店限定お土産>

3000円(税込み)
保冷バック付き

本店でお待ちしております。