「なり田」について。文化元年(1804年)創業 京都のお漬物・佃煮の「御すぐき處京都なり田」。京都・上賀茂名産の伝統京漬物「すぐき漬け」を作り続けています。

お問い合わせ

「なり田」について

おすすめ商品や新着情報のご紹介

2013年6月アーカイブ

夏越の祓い

| コメント(0) | トラックバック(0)
0630.jpg

六月三十日、上賀茂神社では古くから
上半期を無事過ごせたことに感謝し、
知らずのうちに犯したであろう過ち、心身の穢れを
祓い清めるという気持ちで、お参りに行きます。

神社では茅の輪が用意され、八の字を描くようにまわって
神社に参拝します。
左に周り、右に回り、また左に回って境内に進みます。

大祓には、人形(紙を人の形に切り抜いたもの)に名前を書き、
境内のならの小川に流し、清めます。

時の人、藤原家隆は、この神事を
「風そよぐ ならの小川の 夕暮れは
みそぎぞ 夏のしるしなりける」
と歌に詠んでいます。


丹波篠山 黒豆ごはん

| コメント(0) | トラックバック(0)
kuromame.jpg


蒸し暑く、食欲のない時にぴったりの黒豆ごはんの
 
ご紹介!
 
丹波黒大豆は古来より、粒、味ともに日本一と言われております。
 
そして、すばらしい効能、効果があり、健康な身体に必要な栄養素が
 
豊富に含まれています。
 
梅干のクエン酸効果と相まって、元気の出るごはんです!!
 
 黒豆をフライパンではじけるまでからいりし、梅干を加えて炊くだけです。
 
すぐきの佃煮「すぐきざんまい」がとてもあいます!

sugukizanmai.jpg

きざみすぐきに実山椒、生姜、ちりめんじゃこを

加え煮上げました。なり田ならではの佃煮です。




丹波篠山春日江産 大玉黒大豆
京都なり田本店でのみのお取り扱いとなります。


umeboshi.jpg


なり田の梅干です。

嬉しい贈り物

| コメント(0) | トラックバック(0)
昔から大変お世話になっている

農家さんから頂きました。


kabotya.jpg

水茄子の本場「泉州」から仕入れている水茄子を

なり田特製のぬかに漬けました。

mizunasu1.jpg


あっさりしたのがお好みの方はすぐに、


辛めがお好みの方はしばらく置いて、

お好みでお召し上がりください。

手で裂いても召し上がれます。

 



残ったぬかは胡瓜などを漬けて頂けます。

9月中旬頃までの季節限定商品です。

初夏、旬のお漬物

| コメント(0) | トラックバック(0)
4.jpg


うりスライス

瓜のパリッとした食感を

楽しんでいただける

さわやかな浅漬けです。


5.jpg

あっさり南瓜

初夏を感じていただける

浅漬けの一品です。



京都なり田の庭に咲く水無月のかきつばた

1.jpg

   神山や

   大田ノ沢の

   かきつばた

   ふかきたのみは

   いろにみゆらむ


2.jpg


平安時代、歌人、藤原俊成も

この花に庶民の一途な想いを託して

神様に向けて歌に詠んでいます。



3.jpg



 「よくよくお願いする恋ごと(いろ)は

この花の色のように、なんと

一途、一色で美しく可憐なのでしょう」


なり田の神山の近くに大田神社があり

大田ノ沢のかきつばたを彼は

こう詠んでいます。